調整の限界点と無事ミックス終了

カテゴリー

トライ&エラーで

暫定的に仕上げたセットアップで様子見で弾いてたんですが

1弦の開放弦だけは癖付いたネックのねじれからかフレットに当たってビビリ音が鳴りますね。

鳴らない様に弦高を上げると今度は3弦のハイポジションが異常に弾きにくく張力も強くて下手にモタつく。

「遠くばかりを見てると足下が見えず、逆に足下ばかりを見ると遠くを見れない」

例え話だとそんな感じ。

という事で

solobass Kato
solobass Kato

1番痛み部分が少ない1弦の開放弦はビビり音セッティングで時間かけて修正目指す方向で!

ま、今回のは半日時間費やしただけあって楽器の特性みたいなのを知れたので経験値は上がったな。

そして

solobass Katoアルバムレコーディング!

ミックス無事終わり、曲順通り並べて最終マスタリングでバランス整えて完成!

手続きもして9月下旬に配信スタートするのでよろしくお願いします!

また近くなったら宣伝します。

タイトルとURLをコピーしました